Responsive image

理事長・院長 挨拶

我々の医療、介護を取り巻く環境は著しく変化しており、それに応じて個々の診療機能や介護サービス事業も刻々と変化しております。当院も有床診療所として (1)病院からの早期退院患者の在宅・介護施設への受け渡し (2)専門医療を担って病院の役割を補う (3)緊急時に対応する医療 (4)在宅医療の拠点として機能するべく努力を続けていく所存であります。私は聖マリアンナ医科大学脳神経外科をはじめ、20年以上様々な施設で臨床経験を積み、教育・研究に携わり、脳神経外科専門医、指導医、日本脳血管内治療専門医、指導医として活動しております。日本の脳神経外科医の特徴として、手術のみでなく、救急を始め、内科的な全身管理など多岐に及ぶ臨床経験をもっております。小手術や軽度の脳卒中など当院で対応可能な病気は入院加療をおこなっていくつもりです。重症例や治療困難が予想されるものは責任をもって信頼出来る病院に紹介いたします。私も微力ながら今までの経験を活かし、患者さんの希望も含めて、最善の治療を共にみつけていきたいと考えております。もちろん、前理事長の整形外科診療においても整形外科専門医が毎日診療を行い、治療方針を決定し、手術治療が必要な方は、当院で可能な限り行って参ります。整形外科疾患特に関節、脊椎、リウマチ等の患者さんにも今まで通りの診療をおこなっていく所存です。脳神経外科疾患のみでなく、認知症、骨粗鬆症、通常の内科診療、整形外科術後や脳血管障害後のリハビリテーションも積極的に介入していきます。平成12年の介護保険発足とともに介護事業も開始してまいりました。生活に直結した医療と介護の連携を目指し、平成24年5月に機能強化型在宅療養支援診療所として地域医療と介護サービス、特にリハビリテーションにも力を入れております。小生はまだ若いですが、情熱をもって誠実に医療を行っていく所存でございますのでよろしくお願い申し上げます。

今後の展望

当院では医療と介護の両面から患者様、利用者様とご家族をサポートできる、医療・介護事業の実践に務めております。医療サービス面では、一部専門医の協力を得て、一般外来の診療科目として整形外科・リウマチ科・脳神経外科・形成外科・内科・リハビリテーション科を有し、脊椎外科・関節外科・リウマチ・骨折等外傷・スポーツ外傷等の疾病治療や身体機能の回復にあたっております。介護サービス面では、介護支援専門員によるケアプランの作成や通所リハビリテーション等を行っており、理学療法士、看護師、柔道整復師、ヘルパーと専門資格を有するスタッフが一丸となって、患者様・利用者様の在宅生活支援に努力を重ねております。この他にも、医師による往診や看護師による訪問看護、理学療法士による訪問リハビリにも力を入れており、生活環境や習慣等を具体的に把握し、個々の患者様を多角的にとらえた包括的な医療・介護サービスを提供させて頂いております。現在、地域の皆様のご支援を受けまして、大病院と医院の中間的役割が果たせるよう平成18年11月に急性期医療及び回復期リハビリテーションを目的とした有床医院を設立し、既に8年目を経過しています。急性期の保存的治療を必要とする患者様、整形外科手術の適応となる患者様の受け入れ、これに伴い、リハビリテーションにおいても更なるグレードアップを図り、運動器リハビリテーション科I、脳血管疾患等リハビリテーションIIIを取得し、より一層力を入れております。このように、現在展開している在宅レベルの医療サービスの提供に加え、傷病に対して入院による加療や手術治療での対応も可能となり、より地域の皆様に貢献して頂けるよう努力しています。

おおしま喜多見駅前医院 概要

院長 大島 幸亮
住所 〒157-0067 東京都世田谷区喜多見9-2-21
TEL 03-5438-3737
FAX 03-5438-3555
診療科目 脳神経外科、整形外科、リウマチ科、リハビリテーション科、形成外科、内科
診療日 診療の案内をご覧ください
時間外診療の可否 case by case
病床 18
専門分野、診療上の特色 脳神経外科
整形外科一般(手術からリハビリテーションまで可)
訪問リハビリ(中枢から抹消までリハビリテーション可)
訪問診療(往診)、訪問看護
医療機器等設備関係 MRI、レントゲン、骨塩量検査、超音波検査、各種リハビリ機械、脈波
介護保険サービス関連 デイケア(通所リハビリ)、訪問リハビリ、デイサービス(通所介護)